第228回例会 「あおもり市民健康ウオーク」に参加して

 6月11日(日)は、あおもり市民健康ウオークの開催日でした。当日は、前日までの雨模様と違って晴れで景色も良く、青い海と津軽半島、下北半島が見え絶好のウオーキング日和となりました。 私はスタッフということで、集合場所である観光物産館アスパムに早めに向かいました。今年は参加者が160名と例年より多く、会場のアスパム8階会議室「白神」が狭く感じられるほどでした。本日のコースは、A.健脚コース(約10km)B,ベイサイドコース(約7km)C.青森街てくコース(約3km、ガイド説明付き)の3コースです。おひさまクリニックの冨山医院長先生の講話の後、いよいよスタートです。
 今回私が担当したのはCコース(青森街てくコース)です。Cコースは83名の参加者があり、他のコースと違い家族連れも多数参加していました。(私は親子連れの参加者の担当になりました。)
 ウオーキングの最中に、要所要所でガイドさんの説明があり、改めて青森の歴史に触れることがことができました。 また、青い森公園やお寺の広場では小さい子供さん達が元気に走り回りお母さん達が追いかけ、スタッフとして参加者の安全確認に戸惑うこともありました。ですが、ガイドさんも慣れたもので、参加者や子供さん達の興味を引くよう適当に間を取って皆さんを退屈させないように歩いてくれました。このウオーキングで青森の歴史の奥深さに触れることができ、良い一日となりました。
 今回の開催にあたり、おひさまクリニック冨田医院長先生、血圧測定して頂きました青森市中央地域包括支援センター中村所長様、ボランティアガイドの方々大変お世話になりました。ありがとうございました。スタッフの一人としてお礼申し上げます。

村越 健悦

新中央ふ頭先端

新中央ふ頭先端

多数の参加者

多数の参加者

冨田医院長先生の講話

冨田医院長先生の講話

血圧測定する中村所長様

血圧測定する中村所長様

ボランティアガイドの方々

ボランティアガイドの方々

説明するガイドさん

説明するガイドさん

印刷用に別ページで表示する