<第60回 古賀志山 自然研修会>に参加して

青森ウオーキングクラブ 長内幸子

 4月22日~4月24日、栃木県宇都宮市、サイクリングターミナルで行われた「古賀志山自然研修会」に参加しました。 7名と参加者は少なかったのですが、和気あいあいとした雰囲気で3日間、楽しく過ごしました。
 1日目、小栗会長の講義が主にありました。普段めったに読むことのない、日本ウオーキング協会定款の説明があり勉強になりました。また、指導者の活動と役割を再認識。自分では反省することだらけでした。夕食は懇親会で盛り上がりました。
 2日目、朝食前に早朝ウオーク(赤川ダム周辺散策)、食事後は古賀志山の里山ウオーク、午後のストレッチの実技では、「目から鱗が落ちる」状態でした。
グループ討議では「健康21スマートライフウオーク+1000歩で健康寿命をのばそう!」をどのように推進するかについて話し合いました。歩いている人はさらに+1000歩、歩いてない人はまず1000歩から歩こう!真剣に話し合いました。
 3日目、朝食前に討議発表、午前中は大谷、多気エリアへトレッキング、昼食(だんご、いもぐし、そば=すごくおいしかったです。)をとりながら研修を終えての感想をそれぞれ述べ、平和観音近くのあずまやで修了証の授与があり、無事3日間の研修を終えました。
 事務局の長山さん、埼玉の本木ひとみさん、千葉の斎藤健さん、奈良の笹尾五美さん、そして地元栃木の五十嵐てるさん、大越浩子さん、若泉敏子さん、本当にお世話になりました。差し入れもたくさんあり、また「こがしの宿」の食堂の皆さんの気くばり、そして何よりおいしい食事をありがとうございました。
 研修を終えて、皆様ますますご活躍のことと思います。 私も負けないように頑張るつもりです。

早朝ウオーク小栗会長の説明を聞く 地図を見ながらウオーキング
近藤講師と一緒にクールダウンストレッチ 昼食後の感想発表