下見?奮闘記

青森ウオーキングクラブ会員 長内幸子

 9月18日(日)の「ミステリーウオーク」の下見は二転三転しました。 そのため、下見は3回行う羽目に。いつもは1~2回。
 1回目の「青荷温泉」は下見の結果✖に。次は「高山稲荷神社」へ・・・。私は初めてだったのでかわいい赤い千本の鳥居に感動!時間がないのでコース等は次回へ。
 2回目は「ベンセ湿原」「七里長浜」「亀ヶ岡遺跡」「縄文館」などを回りコースの決定、実際にあるくのは時間がなく次回へ。「ベンセ湿原」は季節外れのせいか草ぼうぼう。6月中旬にはニッコウキスゲが、7月近くになるとノハナショウブの大群生が見られるとのこと、残念!
 3回目はコースに分かれて確認しながらウオーク。畑にはあいかわらずスイカ、メロンがゴロゴロ転がっていてとても気になる。このころになると歩いていても感動が薄れてきて、自分でもこれは困ったのぅ・・・と。最初の下見が一番感動する。みなさん、下見はさぞかし大変だろうと思うようですが、まぁ、ランチ付きドライブに行くようなものです。
 最後に、ウオーク当日、縄文館に行く途中でまたもやゴロゴロ転がっているスイカ、メロンがどうしても目に入る。畑にいたおじさんに思わず声をかけてしまった。結果、スイカ、メロンをその場で切ってごちそうしてくれた。
めぇがったなぁ~。
 野呂さん、ありがとうございました。いい思い出ができました。

下見1 下見2