「あおもり市民健康ウオーク」を企画して

青森ウオーキングクラブ会員 長内幸子

 毎年開催している「市民健康ウオーク」。健康のために歩きたいと思っているのだが・・と思っている人たちの歩くきっかけになればと、クラブの例会を兼ねて始まりました。
 昨年は≪浅虫方面≫、一昨年は≪浪岡方面≫、今年は≪青森市内≫を歩こう!ということで、会場を『アスパム』としました。1階のホールを借りられず、8階まで足を運んでいただいた参加者のみな様、ありがとうございました。
 コースは10km、7km、3kmの3コースを設定。せっかくの青森市内なのだから、郷土の歴史・文化を学びながら歩いてみたらどうだろうかと。そこで、Cコース・3kmに「街てくガイド」さんをお願いしての街の散策となりました。
 街てく管理人の花田玲子さんはじめ、8人のガイドさん(奈良 繁、福士 昭、伊東新平、太田直樹、真土一成、最上秀夫、竹内よし子、三ツ谷隆)には大変お世話になりました。知っているようで、意外と知らないことが多い郷土の歴史・文化ですが、「あぁ、そうなんだ!」と学ぶことの多かった時間だと聞いています。ちなみに私は留守番?でした。
 また、下見をはじめ、クラブのスタッフのみなさまにはいろいろと協力していただき感謝!感謝!ありがとうございました。

下見1 下見2ポーズがなかなか決まらない トホホ・・・

青森警察署のご家族の参加が36名ありました。子供たちのゴール後の写真です。完歩おめでとう!よく、がんばりました。